眼瞼下垂の治療を受けよう|整形でカンタン解消術

笑顔のナース

瞼が下がる主な原因とは

顔の手入れ

瞼が下がること

眼瞼下垂については、まぶたが垂れ下がっていたり、あるいは開けにくくなったりするケースを指します。 目が開いていたとしても黒目部分が2分の1以上姿を消してしまって居るとしたら疑う余地もなく眼瞼下垂と言えます。あるいは両サイドの目のサイズが少し違う程度のこともあり得ます。 また、一方の目のみに引き起こされることも両目に生じることもあります。そして生まれながらの人もしくはそうではない人もいらっしゃいます。まぶたは年をとるにつれていくらか下がってくる確率が高いので、大人の眼瞼下垂は単純に疾病とは言えません。しかし、それによって見える範囲が窮屈になったり、目が疲弊しやくなったり、さらに肩凝りもしくは頭痛などといった症状が生じたりする時はケアを考えることが必要です。

垂れ下がる要因とは

眼瞼下垂が現れる原因は、いろいろなケースが、考えられます。具体的にいいますと、まぶたを上げる眼瞼挙筋、もしくは動眼神経という名の神経が良くない、あるいはまぶたの表皮がたるんでいる、さらに疾病や外傷などで眼球が陥没するなどの状況が眼瞼下垂をもたらします。 生まれ持った先天性眼瞼下垂は、一番多くあるのは、筋肉の活動が弱いものになります。また、後天性眼瞼下垂は、眼瞼挙筋が、瞼板から距離を置いてしまうもの、そしてまぶたの表皮が、たるむケースが一般的だとされています。さらに、コンタクトレンズを、継続的に使用している人、それにまぶたを擦り付ける人、さらに目の周りの負傷や手術で、引き起こされることもあります。