眼瞼下垂の治療を受けよう|整形でカンタン解消術

ナース

瞼が下がる主な原因とは

顔の手入れ

眼瞼下垂については、生まれ持った眼瞼下垂そして、後天的になるケースなどさまざまあります。誘因そして具合によりまして、施術は異なってくることから、眼瞼下垂がもたらされる原因が非常に大切になると考えられます。

Read More...

まぶたと筋肉を縫う手術

目元を触る女性

加齢により目の周辺の筋力が低下すると、眼瞼下垂となります。眠そうな表情に見えるようになりますし、目の疲れを招くこともあるため、早めに治療することが大事です。治療は、まぶたと筋肉とを縫い合わせるという手術でおこなわれています。余分な皮膚や脂肪を切除したり、二重の状態に仕上げたりすることも可能です。

Read More...

瞼板を持ち上げるため

注射

挙筋腱膜がたるむと、眼瞼下垂となります。目が半分ほどふさがるため目元の印象が悪くなりますし、視界が狭くなるので周囲の安全確認が困難になります。目やまぶたの疲れも招くのですが、眼瞼下垂の治療を受ければこれらは解消されます。治療は具体的には、瞼板を挙筋腱膜の上に縫い付けるという方法でおこなわれています。

Read More...

瞼が上がりにくい病気です

フェイス

筋肉の不具合が原因です

眼瞼下垂は瞼を上手に上げることができなくなる症状です。瞼を上げるには眼瞼挙筋を使います。この筋肉に異常があったり、筋肉を動かす動眼神経に不具合があると眼瞼下垂が起こります。先天的に筋肉が未熟で上手に動かせなかったり、加齢から筋力が衰え、引き上げる力が無くなることがあります。また、失明をしたり眼球が萎縮するような病気や怪我の場合、眼瞼下垂と同じような症状になることがあります。高齢者によく発症するのが、瞼の皮膚のたるみがあります。筋力が衰えた上に瞼が視界を覆い隠すほど垂れ下がることがあり、上手に引き上げる事が難しくなります。筋肉や神経の異常ではなく瞼が下がる症状を偽眼瞼下垂と呼ばれることがあります。

脳の病気でも起こります

眼瞼下垂を引き起こすと瞼が上がらないだけでなく、様々な症状を引き起こします。筋力が低下しているにも関わらず無理に瞼を上げようとするので疲労感が強く、視力が低下したり、眼球の動きが悪くなることで、物が重なって見える複視を発症することがあります。また、コンタクトレンズを長時間使用している人は瞼に負担が掛かり発症しやすい傾向にあります。眼瞼下垂になると老けて見られることもあるので、いまはアンチエイジングの一貫として美容整形外科で治療をする人も増えています。美容整形外科で治療を受けることによって、たるみを解消出来るだけでなく、目元が明るく大きく見えるようになります。治療によって印象が変わるだけでなく、頭痛や肩こりが軽減されることもあります。